焼きあごだし

焼きあごだし

170g 1,080円(税込)
1kg 5,184円(税込)

商品の購入はこちら

高級料亭の味をご家庭で 焼きあごだし

今や日本を代表する出汁の王様

単品でも香り高いだしが取れますが、昆布などと一緒に使うことで
相乗効果により美味しい出汁が取れます。

上品な味わいに、ハマる人続出。高級料亭の味をご自宅で。

上品な味わいから高級料亭のだしに使われることも多い焼あごだし

篠崎海産物店がある長崎県平戸市では、毎朝の味噌汁から煮物のだし、おうどんやお吸い物に欠かせない「焼きあごだし」。上品な味わいから高級料亭のだしに使われることも多く、茶碗蒸しのだし汁などにも最適です。
「焼きあごだし」は、長崎県平戸市に住む地元民の毎日の生活に欠かせない地元飯です。

飛魚(とびうお)のことを『あご』と呼ぶのはなぜ?

長崎県の代表の魚である「とびうお」。長崎県平戸市では、飛魚(とびうお)のことを「あご」と呼びます。身が硬いので食べるときにあごを使うから、トビウオを前から見たらあごが出ているからなど様々な説があるようですが、「顎(あご)が落ちるほど美味しいから」という説が出るくらい、美味しい魚が「あご」です。篠崎海産物店では、丁寧に一尾ずつ串に刺して炭火焼きしています。

だしパックから人気が爆発!

使うだけで高級料亭の味

ふるさと納税やだしパックブームから火がついた「あごだし」ブーム。2016年に大々的にニュースにもなった原料である飛魚の高騰化。なんと、3年間で約4倍にも高騰化した飛魚。使うだけで高級料亭の味になると、ブームに火がついたのです。

ぜひ試してほしい、「焼あご」のだし

だしパックよりも手間がかかるけど、上品な味を食卓に

手軽に使える「だしパック」もありますが、一番オススメしたいのは「焼あご」。長崎県平戸市では、「だし」のことを「焼あご」と呼びます。だしパックももちろん飛魚の上品な味わいを楽しめますが、より上質な味を楽しむには「焼あご」の状態から出汁をとっていただきたいです。黄金色の出汁は上品で上質の味を表現します。

手作業の炭火焼きにこだわっています

「あご」そのものの新鮮さはもちろん、頑固なまでにこだわった手作業の炭火焼き。海水で洗った「あご」を一尾ずつ手作業で串に刺し、平戸産の炭を使い遠赤効果で中までじっくり焼きます。平戸瀬戸のすがすがしい潮風、日光をいっぱい浴びながら、自然の恵みを吸収し天日干しします。上品な美味しさが詰まった「焼あご」を丁寧に丁寧に仕上げています。

出汁のとり方

あごを適当な大きさに割って水にひたします。

火にはかけずに、しばらく置くと水の色が黄金色に変わります。

このくらいの色になったら、あごを取り出します。

とりだしたあごは、別のお料理に使えるので別のお皿に。

身の部分を分けてとっておきます。

あとは普通におみそ汁を作るだけ!上品な味わいになりますよ。

お味噌汁や煮物のだしはもちろん、地元ではだしを取った後の「焼きあご」も捨てずに身の部分をほぐして酢の物にいれたりして食べるんですよ。

原材料 飛魚(長崎県平戸産)
個数・重さ 170g(20尾程度)
賞味・消費期限 90日
保存状態 高温多湿を避け常温
アレルゲン なし

焼きあごだし

販売価格 1,080円(税込)

オプションを選択してください

180グラム1Kg

商品代10,800円(税込)以上お買い上げの方は送料無料!

商品代10,800円(税込)以上お買い上げの方は送料無料!

篠崎海産物店-実店舗のご案内

店舗へお越しの方はこちら

180グラム1Kg